恋に順位なんて関係ない!会った仕打ちのなかったお客様と1日で付き合っちゃいました

今の主人と知り合ったのは通年事前。
友人の仲立でした。
と言っても部分と向かって紹介されたわけじゃありません。
ただ、ラインの群衆を作った時にたまたま同士が彼氏を誘っただけの要素でした。
ラインのおしゃべりは商いの物語が主で、後は「おいしいラーメン屋が?」とかみっともない表面物語。
もちろん彼氏とこちらは面識が無く個人的なやり取りは全部ありませんでした。
群衆ラインを始めて3ヶ月くらいたった辺りでしょうか。
ある日のミッドナイト、彼氏から個人的にラインがきました。
「何してんの?」
「商いから帰ってきて飲んでます」
「僕も今まで会社の人物ところと飲んでた。今から呑み行かない?」
「無理です」
これが初めてのやり取りでした。
彼氏は物凄くチャラい感じで、こちらは心情「煩わしいお客です、この人」って思いながら適当に返信を返していました。
それから1週くらいして今度は「そろそろ僕陣会ってみない?」ってラインが。
まぁ確かに表情も知らない相手と毎日ラインしてるのも何だかキショイし…一括くらい会っとくか…
って事でついに会ってみました。
結実。
瞬間惚れしちゃいました。それもお互いに。
あれから通年たった今ではもう半同棲しています(笑)
本当に人の縁って不思議ですなぁとつくづく思います。バンダイナムコ株を購入するときの証券会社は楽天証券 → xn--n8jvkrb9b9b7a1iqgm081csdf1p1j.com

恋に順位なんて関係ない!会った仕打ちのなかったお客様と1日で付き合っちゃいました